コラム

車のカタログに書いてある燃費って正しいのか

2018年3月28日

燃費

よく聞く事ですが、車のカタログに書いてある燃費は特定の条件下の数値なので、実際の数値とかなり開きがあるようです。
でもあまりにその開きが多い場合、これは誇大広告にあたらないのでしょうか。また返品や車の交換などの要求は可能なんでしょうか。
燃費自体運転技術によっても左右されるということで、その数値が絶対ではないとの判断で、これが違っても返品や交換になることは、現実問題ではまずありえないと思われます。

またその開きがあまりに多いという場合でも、その多い少ないが個人の感覚が絡んでくれば、購入者側にその不備を立証する責任が発生するため、これも現実的な対応は困難です。
カタログの燃費が30Km/Lとあるのに10Km/Lを切る場合でも、その車両の何に不具合があるかは購入者に責任があるなどというのは明らかな超巨大な業界の消費者軽視以外のなにものでもないと私は思いますが、法律を有利に持って行ける社会的権力のある業界ですから、個人はなすべくもないのが現状でしょう。

メーカー側もそのことをよく理解しているので、購入者からこの手のクレームが入った場合の対処は極めて迅速で、車を預かり原因の追究をする“ふり”はしますが、それで不備が発生することはなく、最後は購入者側が根負けするというのが関の山です。

私もこうしたカタログの表記は“誇大広告”であると思いますが、それは「日本の法律で決まっている誇大広告」ではありません。
欧米で同様のことがあれば、訴訟になるのは、それを受け入れる内容の法律があるからです。現状日本では欧米先進国では決して認められないような“誇大広告”や“著しく誤解を生じさせる広告”について、考えられないほど甘い法体制しかありません。だから“罪にならない”のです。

日本の法律に瑕疵担保責任(かひたんぽせきにん) というのがあり、それは「購入する際に、商品に一見して発見することができないキズや故障などの不備があり、買い主がこれを知らなかったり、知らなかったことに過失がない場合は、買い主は瑕疵の存在を知ったときから1年以内であれば代替物との交換や損害賠償請求ができる 」という法律ですが、これ自体、笊法(ざる法:漏れが多くて現実的に活用されない法律)だという指摘もあり、私もそう考えます。

話は変な方向に行きますが、日本では法律が一般庶民や社会の利益のために制定されているとは言い難いところがあり、いざ法廷闘争となったときには、一部の階層や既得権益者だけが極端に有利な状況と言えます。

これを変えるのは一般庶民、個々の有権者が意識を高め、法律を決める権限のある国会議員を選ぶ選挙で志の高い議員を選ぶことから始めること以外に具体的な方法はないでしょう。

空きスペース、空き駐車場が出費額ゼロで収入になります!

ピックアップ記事一覧

民駐 1

先週、駐車場新聞に突然「民駐について教えてほしい」というご連絡が殺到しました。いったい何が起きたのかと驚きましたが、聞くとテレビ(フジテレビ系列「とくダネ!」)で民駐の特集をしたのがきっかけだったよう …

駐車場 2

ネット上でも多少の浸透してきたのか、我が「駐車場新聞」に、お問い合わせやご質問がよく届くようになりました。私たちが「駐車場新聞」を始めたのは、世間で言われていること、ネットで扱われていることは実は単な …

akippa(あきっぱ) 3

月極駐車場を運営していて一番気になるのは『稼働率・収益率』だとは思いますが、よっぽどの立地などでない限り30%などが普通ではないでしょうか。 駅前なら100%近い場合もあるかもですが、さらに空きを埋め …

4

相続した土地で駐車場をしようと考えていますが、月極駐車場とコインパーキングでは、所得税の扱いが違って来ると聞きます。どのような違いでしょうか。

5

駐車場シェアリングサービスがお小遣い稼ぎになると聞きますが、実態はどのようなものでしょうか?

6

唐突ですが、今アマゾンや楽天が膨大な売り上げをあげていることに疑問を挟む人はいません。 これらの通販サイトに出店している人も多く、活気にあふれている印象があります。 ではこうした通販サイトでどれだけの …

7

全国でコインパーキングの料金が急にあがっているとのご指摘や問い合わせが増えています。 この原因には都心部での駐車場の提供不足であるとか、地価の問題などそれっぽい理由がつけられていますが、とどのつまりは …

コインパーキング料金支払い 8

単純な疑問なのですが、時間貸しの駐車場というのはどのように算出されているのですか? あまり利用のされていない場所と、されているところとの差がないようで、不公平感があるのですが、何か明確な基準というのがあるのでしょうか?

9

大手駐車場運営会社から、昨年相続した空き地をコインパーキングにというような打診がありました。土地は、地方都市の郊外の国道から1本入ったところにあります。運営会社の話では車室10~12のコインパーキングで大変有望だと言われますが、それほど需要があるのか疑問です

街のコインパーキング 10

かつて日本の駅前にはパチンコ屋があって、これが景観を著しく破壊するという批判を受けていました。 だからといって移転する訳にも行かず、今ではけばけばしい外観を改めて防音もはかり、それとは気づかない存在に …

-コラム
-,

Copyright© 駐車場新聞 , 2020 All Rights Reserved.