コラム ニュース

駐車場予約アプリ「akippa」。登録会員数100万人突破! その陰でくすぼり続ける批判評も…

100万会員突破

駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippa株式会社では2018年11月7日(水)に累計会員数が100万人を突破したことを発表しました。また同社では、100万人突破を記念したサンクスサイトも同時に公開しています。
akippaに関しては、駐車場のシェアリングサービスのリーディングカンパニーとして、トップをひた走っていて、これほど短期に100万人の登録者数を越えたことはさほど驚きではありません。

今後も会員数は順調に伸びて行くのは間違いのないことでしょう。

シェアリング業界からは、期待外れの声も…

しかし、情報筋(以下の「」)からは、同社の躍進を評価しながらも、その陰で「期待外れ」の声も聞かれています。それはここに来て明らかになってきた、「用地確保不足」の問題です。akippaでは累計の登録駐車場数が2万3千か所と発表していますが、akippaの多くは1スペース、或いは数スペースなので、提供できる車室でいうと、「3万か所からせいぜい3万2千くらいではないか」との声も聞かれます。その程度の車室では、シェアリングビジネスとしての売上げもしれていますし、都市部以外は提供箇所もごく僅かなので、なおのこと利用価値は上がりません。

その事実の反映か「akippaは正式な発表はしないが、提供場所があっても、ほとんど利用のない場所はかなりの数に上るのではないかと思われます」との声もあり、同社のてこ入れの必要性を説きます。また、人気の場所は予約が被ってしまいますので、同社が言うほどの利便性の確保が困難になり、利便性の向上は期待できません。

また地方ではほとんどakippaの駐車場登録がないので、「所詮、都市部の大手企業の余ったスペースを借りて、akippaとして収益の高いところにしか興味を示していない」ことも問題です。

akippaでは当初、大手企業からの融資を背景に東京、大阪、福岡、名古屋などの“超一等地”の物件に特化してきたので、地方などの活性には興味を示していません。

ですからCMスポットなどの活用も一切ありません(一部、沖縄のみ)。同社では「本社ではそれをしてしまうと対応ができなくなる」と説明していますが、同社がリーディングカンパニーを謳うのであれば、そんな言い訳は通らないという指摘もあながち外れではないでしょう。

また駐車スペースを提供した個人に対する処理も、現在ではかなり後手に回っているようで、手間を提供者に押し付けているのも問題です。

すでに駐車場シェアリングには興味がなくなっている?

既に数十億単位の企業融資を受けている同社は、「駐車場シェアリングには興味がない」とも言われています。akippaでは「今後akippaはMaaSを目指す」ことを発表しています。内容を精査すると、車を利用する方々に総合的なサービスを目指すと言う事ですが、これが利益の上がらないシェアリングはアリバイ程度に運営しておいて、豊富な融資を活用して、収益性の高い事業に鞍替えしていることを言っているともとれますので、今後akippaが本当の意味で、日本のシェアリングサービスの代表となるかは疑問です。

akippaは数年前の事業計画で「全国各地に代理店の仕組みを作り、日本全国の駐車場不足を解消する」と発表しましたが、ベンチャーらしく最近は、そのような方向性は忘れてしまっているようです。

akippaは個人企業ですから、企業の方針をどのようにチェンジさせようと、それは確かに自由でしょう。また、MaaSの方向性は、違う業種への有効な投資対象として、同社にとっては有意義な変更なのかも知れません。しかし、akippaは、一般消費者に駐車場シェアリングサービスを謳ってのし上がってきたのであれば、最低限の社会的責任は果たすのが企業倫理というものでもあります。

「akippaでは2年ほど前から、ほとんど提供する用地確保の面で、特に地方など利益の少ないと思われる地域では、ほとんど手を打っていません。テレビで採り上げられるたびに、ある程度数字があがることは分かっているのですから、もっと早い時期にCMなどを流すべきですが、そのような意思はまったくなかった。

これは推測ですが業界内の軋轢を避けているというより、ある程度の結果がでたのだから、手間を省きたいという理解しかできない」という見方もあります。同社の企業倫理に期待したいところではあります。

空きスペース、空き駐車場が出費額ゼロで収入になります!

ピックアップ記事一覧

新型コロナパンデミック 1

駐車場業界を大きく分けると、公と民間に区別でき、民間ではさらに月極と、コインパーキングなどに絞ることができます。現在、新型コロナに関する非常事態宣言下ではほとんどの経済活動が抑制されていますので辛抱の …

駐車場 2

ネット上でも多少の浸透してきたのか、我が「駐車場新聞」に、お問い合わせやご質問がよく届くようになりました。私たちが「駐車場新聞」を始めたのは、世間で言われていること、ネットで扱われていることは実は単な …

akippa(あきっぱ) 3

月極駐車場を運営していて一番気になるのは『稼働率・収益率』だとは思いますが、よっぽどの立地などでない限り30%などが普通ではないでしょうか。 駅前なら100%近い場合もあるかもですが、さらに空きを埋め …

4

相続した土地で駐車場をしようと考えていますが、月極駐車場とコインパーキングでは、所得税の扱いが違って来ると聞きます。どのような違いでしょうか。

5

駐車場シェアリングサービスがお小遣い稼ぎになると聞きますが、実態はどのようなものでしょうか?

6

唐突ですが、今アマゾンや楽天が膨大な売り上げをあげていることに疑問を挟む人はいません。 これらの通販サイトに出店している人も多く、活気にあふれている印象があります。 ではこうした通販サイトでどれだけの …

7

全国でコインパーキングの料金が急にあがっているとのご指摘や問い合わせが増えています。 この原因には都心部での駐車場の提供不足であるとか、地価の問題などそれっぽい理由がつけられていますが、とどのつまりは …

コインパーキング料金支払い 8

単純な疑問なのですが、時間貸しの駐車場というのはどのように算出されているのですか? あまり利用のされていない場所と、されているところとの差がないようで、不公平感があるのですが、何か明確な基準というのがあるのでしょうか?

9

大手駐車場運営会社から、昨年相続した空き地をコインパーキングにというような打診がありました。土地は、地方都市の郊外の国道から1本入ったところにあります。運営会社の話では車室10~12のコインパーキングで大変有望だと言われますが、それほど需要があるのか疑問です

街のコインパーキング 10

かつて日本の駅前にはパチンコ屋があって、これが景観を著しく破壊するという批判を受けていました。 だからといって移転する訳にも行かず、今ではけばけばしい外観を改めて防音もはかり、それとは気づかない存在に …

-コラム, ニュース
-

© 2020 駐車場新聞