ニュース

次世代のモビリティプラットフォームを創る「akippa」8.1億円の増資、総調達額は24億円に

投稿日:2018年5月25日 更新日:

akippa、MaaSプラットフォームの構築に向け住友商事など7社から8.1億円の資金調達を実施

駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippa株式会社(代表取締役社長: 金谷元気)は、このほど、既存株主の住友商事株式会社の他、日本郵政キャピタル株式会社、JR東日本スタートアップ株式会社、ニッポンレンタカーサービス株式会社、株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ、中部日本放送株式会社、千島土地株式会社を割当先に、第三者割当増資による8.1億円の資金調達を実施しました。

akippaは、駐車場予約アプリの運営を柱にしてきましたが、以前から、その先にあるMaaS(Mobility-as-a-Service)を軸としたモビリティプラットフォーム構築を視野に入れており、先に発表された「シェアゲート」に引き続き、これまでの駐車場シェアリングサービスとは次元の異なったスタイルに大きく前進する足場を構築したと言えます。

因みに「第三者割当増資」とは、既存の株主だけでなく、特定の一般の投資を求めるもので、投資先の企業としては自己資本率を充実さて、財務体質の強化することに繋がります。
今回akippaが調達したのが、8.1億円のであり、それにより資金調達の総額は約24億円となることは、同社の今後の体制が極めて強固なものになることを表します。
ただでさえ「シェアゲート」など新技術の投入で大きく2位以下を引き離しているだけに今後の飛躍は著しいものとなることが予想されます。

住友商事を始め、今回新たな株主となった日本郵政キャピタル株式会社、JR東日本スタートアップ株式会社、ニッポンレンタカーサービス株式会社、株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ、中部日本放送株式会社、千島土地株式会社はいずれも、常に新たなチャレンジをして成功を収めてきた企業だけに、こうしたグループから資金調達できるakippaのビジョンには今後益々注目が集まるといえるでしょう。

関連した企業のコメントを以下に列記します。

akippa株式会社 代表取締役社長 金谷 元気氏

「akippaは2014年4月に「“なくてはならぬ”をつくる」をミッションに、困りごと解決企業として駐車場予約アプリ「akippa」を生み出しました。どんな場所でもコストを一切かけずに駐車場を時間貸しできることで、今までなかったような場所にも時間貸し駐車場ができ始め、「人と人が会う手助け」を微力ながらできるようになってきました。しかしこれからは高齢化で運転できる人も減っていき「人と人が会う」ことすら困難になる可能性があります。そこで私たちは予約できる駐車場数を増やしていくことと同時に、最適なモビリティを提供して「人と人が会う」という素晴らしい体験をこの世界に残していくことを目的に、MaaSプラットフォームを構築していきます。akippaのアプリを開けばスムーズに移動できることを目指し、今回はモビリティ連携、駐車場増台を意識した事業連携を前提とした資金調達を実施しました。リスペクトする各企業様からこのように応援いただけることに誇りと責任を持ち、しっかり成長して世の中をより良くしてまいります。」
住友商事株式会社 モビリティサービス事業第一部長 北原 顕氏
「在、自動車業界は100年に一度と言われる変革期を迎えています。その中で、住友商事はグループ各社の既存プラットフォームと国内外のベンチャー企業各社を組み合わせ、化学反応を起こすことで、次世代の新規ビジネスを創出していきます。akippaへの今回の増資を経て、モビリティプラットフォームの構築に向けて、より一層の戦略的連携を強化してまいります。」
日本郵政キャピタル株式会社 代表取締役社長 千田 哲也氏
「本出資や業務連携を通じて、akippa社を中心に駐車場シェアサービスが一層世に身近なものとなり、人々の生活や地域社会がより便利・快適になることを期待しております。

JR東日本スタートアップ株式会社 代表取締役社長 柴田 裕氏

JR東日本スタートアップは、「あなたの夢を未来へつなぐ 『明日』創造ステーション」をビジョンに掲げ、スタートアップ企業とJR東日本グループをつなぎ、新たなビジネスやサービスの創造に挑戦しています。akippaが掲げる「MaaSを軸としたモビリティプラットフォーム」というコンセプトは、JR東日本がめざす未来の姿と重なるものです。今回の出資を通じた新たなシェアリングサービスとの連携によって、鉄道と2次交通とのシームレスな移動や観光流動の促進など、新しいモビリティの創造と地域の活性化を進めていきたいと思います。」
ニッポンレンタカーサービス株式会社 営業本部営業企画部長 長友 淳智氏
「シェアリングエコノミーの概念が普及し、競争も激化するレンタカー市場において、多岐にわたるお客様のニーズに応えるべく、弊社ではさまざまなサービスを提供しております。それをさらに加速させるため、自動車に欠かせない駐車場予約サービスを運営するakippaと提携を深める一環として、今回の出資に踏み切りました。出資される他の企業様も含め、相互にシナジーをもって、akippaのさらなる成長と、その先のMaaSを軸としたモビリティプラットフォーム構築に寄与していきたいと考えております。」

株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ 代表取締役社長 福田 知氏

「身近な社会的問題を劇的に変革できるパークシェア事業の将来性に期待しております。」

中部日本放送株式会社 グループ経営戦略局長 富田 悦司氏

「地域の情報インフラとしての役割を担う当社グループは、地域の皆様から信頼され、欠かせない存在であり続けていきたいと考えています。「“なくてはならぬ”をつくる」をミッションに掲げるakippaの当地区における活動をサポートするとともに、当社グループとの連携を深めることで、地域になくてはならないサービスの更なる充実を図っていきます。」

千島土地株式会社 代表取締役社長 芝川 能一氏

「明治45年の設立以来、地域の発展のための資産活用を目指し、「所有資産をお客様のニーズに合わせてお貸しする」ことで事業拡大を図ってまいりました。引き続き、グローバルな流れに対応しつつ、長年培った経験を活かしながら100年を超える歴史をともに歩んできた地域と共に発展繁栄することに力を注いでいきたいと考えています。」

出展:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000513.000000726.html

空きスペース、空き駐車場が出費額ゼロで収入になります!

ピックアップ記事一覧

民駐 1

先週、駐車場新聞に突然「民駐について教えてほしい」というご連絡が殺到しました。いったい何が起きたのかと驚きましたが、聞くとテレビ(フジテレビ系列「とくダネ!」)で民駐の特集をしたのがきっかけだったよう …

駐車場 2

ネット上でも多少の浸透してきたのか、我が「駐車場新聞」に、お問い合わせやご質問がよく届くようになりました。私たちが「駐車場新聞」を始めたのは、世間で言われていること、ネットで扱われていることは実は単な …

akippa(あきっぱ) 3

月極駐車場を運営していて一番気になるのは『稼働率・収益率』だとは思いますが、よっぽどの立地などでない限り30%などが普通ではないでしょうか。 駅前なら100%近い場合もあるかもですが、さらに空きを埋め …

4

相続した土地で駐車場をしようと考えていますが、月極駐車場とコインパーキングでは、所得税の扱いが違って来ると聞きます。どのような違いでしょうか。

5

駐車場シェアリングサービスがお小遣い稼ぎになると聞きますが、実態はどのようなものでしょうか?

6

唐突ですが、今アマゾンや楽天が膨大な売り上げをあげていることに疑問を挟む人はいません。 これらの通販サイトに出店している人も多く、活気にあふれている印象があります。 ではこうした通販サイトでどれだけの …

7

全国でコインパーキングの料金が急にあがっているとのご指摘や問い合わせが増えています。 この原因には都心部での駐車場の提供不足であるとか、地価の問題などそれっぽい理由がつけられていますが、とどのつまりは …

コインパーキング料金支払い 8

単純な疑問なのですが、時間貸しの駐車場というのはどのように算出されているのですか? あまり利用のされていない場所と、されているところとの差がないようで、不公平感があるのですが、何か明確な基準というのがあるのでしょうか?

9

大手駐車場運営会社から、昨年相続した空き地をコインパーキングにというような打診がありました。土地は、地方都市の郊外の国道から1本入ったところにあります。運営会社の話では車室10~12のコインパーキングで大変有望だと言われますが、それほど需要があるのか疑問です

街のコインパーキング 10

かつて日本の駅前にはパチンコ屋があって、これが景観を著しく破壊するという批判を受けていました。 だからといって移転する訳にも行かず、今ではけばけばしい外観を改めて防音もはかり、それとは気づかない存在に …

-ニュース
-,

Copyright© 駐車場新聞 , 2020 All Rights Reserved.