ニュース

akippaが懸案だった難問を克服。「シェアゲート」でいよいよ「ゲート式駐車場」にも対応可能に。

投稿日:2018年5月10日 更新日:

9日、akippa株式会社はこれまで不可能と思われていた、駐車場シェアリングサービスのゲート式駐車場での利用が可能となったことを発表しました。
駐車場シェアリングサービス業界では、これまでそのシステムがスマホでの予約(事前決済)を前提にしているため、現地での使用後に現金精算する方式のうち、ロック式の対応はできていたのですが、ゲート式に関しては、別途機器の設置などが必要と考えられていて、実現不可能と言われていました。

しかしこのほどakippa株式会社は「シェアゲート」を完成させ、この難問を実現。
これは従来の機器に専用機を取り付けるだけで、本年中に導入すれば、機械代からメンテナンス費用も無料という、ほぼ完璧なシステムの提案となります。
業界内で絶対優位で進めてきたakippaだが、「ここへ来て強力な決定打を放った」とう報道もあり、今後、一気に拡大されることが予想されます。

(※以下はプレスリリース掲載)

駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippa株式会社(代表取締役社長:金谷元気)は、株式会社アート(代表取締役社長:関本祥文)と共同で、IoTを活用したゲート式駐車場(※1)コントロールシステム「シェアゲート」を開発したことをお知らせします。

記者会見の様子。左から大和ハウスパーキング株式会社 代表取締役社長 田村哲哉氏、akippa株式会社 代表取締役社長 金谷元気、株式会社アート 代表取締役社長 関本祥文氏

記者会見の様子。左から大和ハウスパーキング株式会社 代表取締役社長 田村哲哉氏、akippa株式会社 代表取締役社長 金谷元気、株式会社アート 代表取締役社長 関本祥文氏

「シェアゲート」は駐車場出入口のゲート機器に取り付ける端末です。駐車場利用者は、ゲートを通過する際、akippaアプリからBluetoothで接続するか、テンキーでakippaから発行される暗証番号を入力するだけでゲートの開閉が可能となります(※2)。シェアゲートを導入することで、ゲート式駐車場において従来実現できなかった「事前予約」と「スマホ決済」を、無人で実現することが可能となります。

シェアゲート イメージ

シェアゲート イメージ

シェアゲート イメージ

akippaではこれまで、個人宅の空き駐車場や月極駐車場、コインパーキングなど平置きの駐車場を中心にサービスを展開してきました。ゲート式駐車場においては、出入口にあるゲートの開閉がスムーズにできないためakippaのサービス展開が難しい状況でしたが、シェアゲートを設置することで、オフィスビルや商業施設などのゲート式駐車場でもakippaの導入が可能となり、駐車場事業者は稼働率の低い時間帯の駐車場貸し出しなどに活用できるようになります。
また、Bluetooth機能を利用すれば車内からゲートを開閉してETCのようなゲート通過が可能となるため、ドライバーの利便性向上も見込めます。

■シェアゲート 紹介動画

■シェアゲート概要

シェアゲート ロゴ

シェアゲート ロゴ

シェアゲートは株式会社アートが開発したクラウド上で鍵や利用履歴の管理を行うアクセスコントロールプラットフォーム「ALLIGATE(アリゲイト)」を活用して、駐車場向けサービスとしてakippaと共同開発しました。端末の施工・保守は株式会社アートより提供します。
・商品名:シェアゲート
・端末導入費用:通常20万円(※)
・取付設置費用:通常5万円(※)
・月額保守費用:無料
・契約期間:2年間
※2018年内にご導入いただき、弊社審査基準を満たした場合はakippaが全額負担。

■サービス開始時点での導入企業(2018年5月9日時点)
・大和ハウスパーキング株式会社様
・大和リース株式会社様
・株式会社いずみパーキング様

■株式会社アートとは
1976年に創業。まだ世の中に「セキュリティー」という言葉の馴染みがない頃からオフィスビルや住宅マンション等の出入り口のロックとその管理をするための出入管理装置や電気錠制御盤の製品をラインナップする老舗のセキュリティー専門メーカーです。2004年に業界初のEdyナンバーでの照合、2017年11月にはクラウドやスマホを活用したアクセスコントロール専用プラットフォーム「ALLIGATE」をリリースするなど、セキュリティー業界では老舗でありながら常に新しいことにいち早くチャレンジしているメーカーです。

■akippaとは
契約されていない月極駐車場や個人宅の車庫に、15分単位でネット予約して駐車できるサービスです。誰でも簡単に駐車場をシェアできます。現在、予約駐車場サービス・駐車場シェアサービスで業界1位となる、駐車場拠点数を確保しています。
https://www.akippa.com/

※1 ゲート式駐車場とは、以下の写真のような、駐車場の出入口にバー式のゲートが設置された駐車場を指します。コインパーキング事業者・商業施設・ホテルなどがゲート式駐車場を多く持っています。

ゲート式駐車場の例

ゲート式駐車場の例

※2 Bluetooth機能搭載端末は2018年末頃提供開始予定です。

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000119.000016205.html

空きスペース、空き駐車場が出費額ゼロで収入になります!

ピックアップ記事一覧

民駐 1

先週、駐車場新聞に突然「民駐について教えてほしい」というご連絡が殺到しました。いったい何が起きたのかと驚きましたが、聞くとテレビ(フジテレビ系列「とくダネ!」)で民駐の特集をしたのがきっかけだったよう …

駐車場 2

ネット上でも多少の浸透してきたのか、我が「駐車場新聞」に、お問い合わせやご質問がよく届くようになりました。私たちが「駐車場新聞」を始めたのは、世間で言われていること、ネットで扱われていることは実は単な …

akippa(あきっぱ) 3

月極駐車場を運営していて一番気になるのは『稼働率・収益率』だとは思いますが、よっぽどの立地などでない限り30%などが普通ではないでしょうか。 駅前なら100%近い場合もあるかもですが、さらに空きを埋め …

4

相続した土地で駐車場をしようと考えていますが、月極駐車場とコインパーキングでは、所得税の扱いが違って来ると聞きます。どのような違いでしょうか。

5

駐車場シェアリングサービスがお小遣い稼ぎになると聞きますが、実態はどのようなものでしょうか?

6

唐突ですが、今アマゾンや楽天が膨大な売り上げをあげていることに疑問を挟む人はいません。 これらの通販サイトに出店している人も多く、活気にあふれている印象があります。 ではこうした通販サイトでどれだけの …

7

全国でコインパーキングの料金が急にあがっているとのご指摘や問い合わせが増えています。 この原因には都心部での駐車場の提供不足であるとか、地価の問題などそれっぽい理由がつけられていますが、とどのつまりは …

コインパーキング料金支払い 8

単純な疑問なのですが、時間貸しの駐車場というのはどのように算出されているのですか? あまり利用のされていない場所と、されているところとの差がないようで、不公平感があるのですが、何か明確な基準というのがあるのでしょうか?

9

大手駐車場運営会社から、昨年相続した空き地をコインパーキングにというような打診がありました。土地は、地方都市の郊外の国道から1本入ったところにあります。運営会社の話では車室10~12のコインパーキングで大変有望だと言われますが、それほど需要があるのか疑問です

街のコインパーキング 10

かつて日本の駅前にはパチンコ屋があって、これが景観を著しく破壊するという批判を受けていました。 だからといって移転する訳にも行かず、今ではけばけばしい外観を改めて防音もはかり、それとは気づかない存在に …

-ニュース

Copyright© 駐車場新聞 , 2020 All Rights Reserved.