コラム

一気にやってきた、コインパーキングの価格の高騰と下落の潮流。これに釣られるな!

投稿日:2018年6月1日 更新日:

上昇下落

今、全国に奇妙な現象が広がっています。
それは都市部を中心に、コインパーキングの価格の高騰と下落が同時に起きていることです。

以前、このコラムでは「コインパーキングの価格の高騰」について、ご紹介しましたが、あれは東京都内の主要地が主題でしたが、駐車場の価格の低下はそれ以外のほとんどの地域で起こっています。

業界ではこの原因を駐車場の急増に伴うもので、価格の低下は競争が激しい場所での過剰な陣取り合戦にあるとしています。

つまり新しく地域に参画してきたパーキングは近くのライバルを蹴落として、自己有利を確立してから利益獲得に転じる「ドミナント戦略」によるものという考えで、これはこれなりに正しいものです。

しかし東京都内などの違法駐車や迷惑駐車の車両数からすると、それだけでいては論理的に成り立たないと言えます。
つまり、増えたために稼働率が落ちる以上の下落傾向が起きているのです。

この半年~1年の間、皆が口を揃えるのは“三井さんが異常な市場拡大戦略”をされていて、それにタイムズさんが釣られているということです。

それが価格の下落になっている場合と、一緒に高止まりさせる高騰になっている場合が混在していることで、利用者が価格に信頼がおけなくなってきた…というと、これはこの四半世紀の間、日本の市場の多くの業種が経験してきたことに過ぎません。

こうなると想定されるのは、価格の下落が全体的に進むことで、駐車場業界は混沌の第一段階を踏み出したということになるのだろうと思います。

コインパーキングの中堅企業などは、これまであまり経営努力や工夫をするという経験に乏しかったように思います。
それだけにその煽りを正面から受けていて、現場では“価格を上げろ”という指示を受けて検討が始まっているようですが、これは絶対にしてはいけません
むしろ価格は維持しながら稼働率を上げる工夫をすることです。

価格とは一旦下げると上げにくいですので、駐車場シェアリングサービスなどで、利便性を上げてゆくような工夫をして対応すべきでしょう。

これまでのような大名商売的な感覚でパーキングビジネスはできない環境となってきた今、この段階での舵取りは経験がないのでできない…では済まされなくなっています。

空きスペース、空き駐車場が出費額ゼロで収入になります!

ピックアップ記事一覧

民駐 1

先週、駐車場新聞に突然「民駐について教えてほしい」というご連絡が殺到しました。いったい何が起きたのかと驚きましたが、聞くとテレビ(フジテレビ系列「とくダネ!」)で民駐の特集をしたのがきっかけだったよう …

駐車場 2

ネット上でも多少の浸透してきたのか、我が「駐車場新聞」に、お問い合わせやご質問がよく届くようになりました。私たちが「駐車場新聞」を始めたのは、世間で言われていること、ネットで扱われていることは実は単な …

akippa(あきっぱ) 3

月極駐車場を運営していて一番気になるのは『稼働率・収益率』だとは思いますが、よっぽどの立地などでない限り30%などが普通ではないでしょうか。 駅前なら100%近い場合もあるかもですが、さらに空きを埋め …

4

相続した土地で駐車場をしようと考えていますが、月極駐車場とコインパーキングでは、所得税の扱いが違って来ると聞きます。どのような違いでしょうか。

5

駐車場シェアリングサービスがお小遣い稼ぎになると聞きますが、実態はどのようなものでしょうか?

6

唐突ですが、今アマゾンや楽天が膨大な売り上げをあげていることに疑問を挟む人はいません。 これらの通販サイトに出店している人も多く、活気にあふれている印象があります。 ではこうした通販サイトでどれだけの …

7

全国でコインパーキングの料金が急にあがっているとのご指摘や問い合わせが増えています。 この原因には都心部での駐車場の提供不足であるとか、地価の問題などそれっぽい理由がつけられていますが、とどのつまりは …

コインパーキング料金支払い 8

単純な疑問なのですが、時間貸しの駐車場というのはどのように算出されているのですか? あまり利用のされていない場所と、されているところとの差がないようで、不公平感があるのですが、何か明確な基準というのがあるのでしょうか?

9

大手駐車場運営会社から、昨年相続した空き地をコインパーキングにというような打診がありました。土地は、地方都市の郊外の国道から1本入ったところにあります。運営会社の話では車室10~12のコインパーキングで大変有望だと言われますが、それほど需要があるのか疑問です

街のコインパーキング 10

かつて日本の駅前にはパチンコ屋があって、これが景観を著しく破壊するという批判を受けていました。 だからといって移転する訳にも行かず、今ではけばけばしい外観を改めて防音もはかり、それとは気づかない存在に …

-コラム
-, ,

Copyright© 駐車場新聞 , 2020 All Rights Reserved.