コラム

土地オーナーの月極信仰は業界のマインドコントロール?

月極駐車場

全国の駐車場の中で、圧倒的に多いのが、個人地主の“月極駐車場”です。
地方の駅前には日中ガラガラの月極駐車場が其処此処に見られます。

反面、時間貸し駐車場は無いに等しく、あっても20分300円、3時間止めると2,700円となりますが、それでは誰も止めなくなるので“最大料金”なる奇策を擁して1,800円止まりなどにしていますが、利用者には納得行くものではないでしょう。

もし駅前のスペースが月極とコインパーキングは半々であれば、もっと多くのひとが利用し易くなりますし、料金もかなり安い設定になるでしょうが、この体制が続く限り、それは期待できません。自分の土地をどう使おうと、それは勝手なのでしょうから仕方はないのですが、駐車場はたくさんあるという理由で公営の駐車場がない地域は散々なことになるでしょう。

駅前に月極が多い理由に、それが個人オーナーの持ち物であることがあります。
彼らは自分で運営せず“管理業者”に清掃や集金、申し込み処理などを委託します。
ここで止めておけば駐車場契約が満杯に近い状態であればオーナーは満足するので管理会社はそれ以上を求めません。
中には契約を継続するために管理会社が自腹を切る場合もあると聞きます。

しかしそのオーナーに“なぜ時間貸しをしないのか”と聞いても、月極がいっぱいだからと変な答えが返ってきます。
例えば月極で20,000円くらいの場所であれば、1日にすれば660円に過ぎません。仮に20分200円の時間貸しにしても、1日平均たった1時間で収益は同じになります。
基本的時間貸しは24時間運営なので、どれだけ稼ぎを無駄にしているかは考えに入っていないのでしょう。

管理会社は“誰が止めるか分からない時間貸しにするとトラブルになる”などと言って、オーナーをマインドコントロールするのですが、その前になぜ利益をあげようとしないのか不思議でもあります。
ましてそうすることで地域の方の利便性が増すのに、それをしないのは地域に対する不誠実ではないかとも考えます。

最終的には個人の土地だから、なにをどうしようと勝手なのでしょうが、やはりこの業界は不思議の国のアリスです。

空きスペース、空き駐車場が出費額ゼロで収入になります!

ピックアップ記事一覧

新型コロナパンデミック 1

駐車場業界を大きく分けると、公と民間に区別でき、民間ではさらに月極と、コインパーキングなどに絞ることができます。現在、新型コロナに関する非常事態宣言下ではほとんどの経済活動が抑制されていますので辛抱の …

駐車場 2

ネット上でも多少の浸透してきたのか、我が「駐車場新聞」に、お問い合わせやご質問がよく届くようになりました。私たちが「駐車場新聞」を始めたのは、世間で言われていること、ネットで扱われていることは実は単な …

akippa(あきっぱ) 3

月極駐車場を運営していて一番気になるのは『稼働率・収益率』だとは思いますが、よっぽどの立地などでない限り30%などが普通ではないでしょうか。 駅前なら100%近い場合もあるかもですが、さらに空きを埋め …

4

相続した土地で駐車場をしようと考えていますが、月極駐車場とコインパーキングでは、所得税の扱いが違って来ると聞きます。どのような違いでしょうか。

5

駐車場シェアリングサービスがお小遣い稼ぎになると聞きますが、実態はどのようなものでしょうか?

6

唐突ですが、今アマゾンや楽天が膨大な売り上げをあげていることに疑問を挟む人はいません。 これらの通販サイトに出店している人も多く、活気にあふれている印象があります。 ではこうした通販サイトでどれだけの …

7

全国でコインパーキングの料金が急にあがっているとのご指摘や問い合わせが増えています。 この原因には都心部での駐車場の提供不足であるとか、地価の問題などそれっぽい理由がつけられていますが、とどのつまりは …

コインパーキング料金支払い 8

単純な疑問なのですが、時間貸しの駐車場というのはどのように算出されているのですか? あまり利用のされていない場所と、されているところとの差がないようで、不公平感があるのですが、何か明確な基準というのがあるのでしょうか?

9

大手駐車場運営会社から、昨年相続した空き地をコインパーキングにというような打診がありました。土地は、地方都市の郊外の国道から1本入ったところにあります。運営会社の話では車室10~12のコインパーキングで大変有望だと言われますが、それほど需要があるのか疑問です

街のコインパーキング 10

かつて日本の駅前にはパチンコ屋があって、これが景観を著しく破壊するという批判を受けていました。 だからといって移転する訳にも行かず、今ではけばけばしい外観を改めて防音もはかり、それとは気づかない存在に …

-コラム

© 2020 駐車場新聞